心に棘を纏う

これ以上傷つかないようにと

 

人の温かさに触れて

泣いてしまわないようにと

 

寂しさに気付いてはいけないから

 

それでも

優しい日差しには

ちっぽけな意地など敵うはずもなく

たやすくこんなにもこんなにも生かされてしまう

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly